蚊取りペットボトルを作成。 でも効果なし!

私は『蚊』に人一倍刺されます

得意げに「俺さされるから」って言う方の横にいても
私のほうが刺されてしまいます (涙)

蚊取り線香、殺虫剤、虫よけ、かゆみ止めの薬
手放せません・・・

ネットで蚊取りペットボトルというものがあったので
早速作りました

完成品大きく


効果なしです (涙)



24時間後の写真
会社の机の下2

蚊は一匹もいません・・・


この間にも手や顔など数か所刺されてます (涙)

ざんねん・・・


・・・・・・
・・・・・・

でもね


「俺作ったぜ!」
「刺されないぜ!」
「今年の夏は快適!」

そんな得意げブログを書こうと写真を撮ったので掲載します
よかったら読んでください・・・



ネットの作り方を見て材料をそろえます
1.5リットルのペットボトル
15ペットボトル

水200ml 40℃ぐらいのお湯(水温を40度に設定してるので簡単に出来ますね)
水道水40度

ブラウンシュガ―50g 無いので砂糖
砂糖5


イースト1g スーパーでドライイーストを購入
ドライイースト


作ります


カッターナイフでペットボトルの頭のほうを切り
15ペットボトル2

40℃ぐらいの水(お湯)を200ml
水道水40度

砂糖50g (箸で水とかき混ぜる。これが駄目な原因なのか?)
砂糖3


砂糖は計量カップで80mlが50gでした
砂糖4


ドライイースト1g (かき混ぜてません。駄目なのはこれか?)
ドライイースト4


未開封との差を見ると2gぐらい入ってしまってます (駄目な原因?)
ドライイースト3

水と砂糖とドライイーストを混ぜたのがコレです
水に混ぜる


切り取ったペットボトルの頭を逆さにすると浮いて隙間があるので
ビニールテープで固定 (ネットではテープを使ってない感じ。これが原因?)
テープで固定

完成
完成

衛生的に2週間に1度交換って書いてあるので日にちを記入
完成2


朝5時 (作成は朝4時過ぎからやってます・・・)
朝5時

家の外に置いてみます
朝5時2

1時間後の朝6時
朝6時

何もいません・・・
朝6時2

蚊は、早朝は起きてないのか・・・?
朝6時4


会社に持っていき机の下に置きます
会社の机の下






次の日の朝
1匹もいません
会社の机の下2

2日目
ブイが2匹入ってました
蚊はいません・・・
会社の机の下3


フィリピンの蚊と日本の蚊が違うのか?
作り方が違っていて二酸化炭素が発生してないのか?
入ってもペットボトルから逃げているのか?

う~ん・・・


・・・・・
・・・・・


追記


なぜ蚊が入らないのか?

ネットで調べると、イースト菌が発酵するには38度~40度の温度(水温?)が必要で、
砂糖と反応して二酸化炭素を発生させることが出来てないからでした。


35度以上の真夏に庭で蚊取りペットボトルを置いて、
黒い紙で熱を吸収させ38度以上に水温を上げて蚊を捕まえたいですね・・・




スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
プロフィール

テッコウジョ

Author:テッコウジョ
後藤鉄工所です。
蟹江町の小さな町工場で仕事してます。
ブログの内容は仕事にプライベートにと適当です。
中途半端なブログです。(汗)

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
ブログ村ランキング