家族で初めてのキャンプ (揖斐高原貝月リゾート)

7月19日(土)と20日(日)にキャンプに行きました。
場所は、揖斐高原貝月リゾート

1揖斐高原キャンプ

天気予報は、曇りのち雨。

1揖斐高原キャンプ3

たま~に雨はふるけど、遊んだり食事をする時はちょうどやんでいて
そこまで問題にはなりませんでした。

1揖斐高原キャンプ2

家族で初めてのキャンプ
どうなるか心配もあったけど、無事に過ごせました。

1揖斐高原キャンプ4

楽しいキャンプでした。

1揖斐高原キャンプ5

詳しくは、また書きます。




・・・


追記 
すんげ~なげ~です(文章がとても長いです)


家族で初めてキャンプに行ったのですが、私は大人になってキャンプは2回目です。
その1回目は、15年ぐらい前で、ほとんど友人任せで何をやったのか記憶があいまい・・・
キャンプ素人家族なので、行くまで分からないことがあります。
バーベキューをやる場所はどこなのか?屋根はあるのか?
何を持っていけばいいのか?等々・・・
ホームページを見ても分かりづらい(分からない)

そんな素人家族のキャンプについて書きます。


キャンプ初心者家族は、バンガローで1泊です。
テントはもう少し慣れてからです。

当日(1日目)
朝、スーパーにお肉など食材を買いに行き、
食べやすい大きさに切ってクーラーボックスに入れ、
荷物を車に積んでいきます。
バーベキューセットに、お泊りセット・・・

1揖斐高原キャンプ3-1

荷物いっぱいですね・・・


昼ぐらいに出発
途中でお昼を外食で済ませ、お昼2時ぐらいにキャンプ場に到着。
3時からのチェックインだけど、とりあえず受け付けに行くと
準備は終わっていて、もうバンガローを使っていいとのことなので、
車の荷物をバンガローに持って行きます。
1揖斐高原キャンプ3-2


バンガローまで車で行き、荷物を降ろしたら、また車を駐車場へ移動させます。
揖斐高原キャンプ

バンガローの道は狭く、荷物を降ろしているときに、
ほかのバンガローを使用する方が車で来ると、
すれ違いが出来るところまで車を移動させ、すれ違ったらまた戻ってくる。
結構大変でした・・・(汗)

1揖斐高原キャンプ3-3

バンガローのすぐ横には、ちょっとの雨が降っても大丈夫な屋根があり、
コンクリートブロックで作ったコンロがあり(BBQ炉)、
網や鉄板などを置けるように鉄の棒で台が作ってあり
コンロの周りは皿や飲み物などが置ける台(テーブル)になっていて、
丸太椅子が4つありました。
1揖斐高原キャンプ3-4

バンガロー横のバーベキューをする場所の広さがバンガローによって違っていて、
予約人数で場所が決まってくる感じです。
1揖斐高原キャンプ3-5


下の写真は、先日の日帰りバーベキューの写真

1木曽三川BBQ いらないもの

先日のバーベキューセットでいらないものは、
ターフ
テーブル
チェア
バーベキューコンロ (網や鉄板は必要)
車の中で場所をとるものばかりを積んできてます。




ターフを置く場所(スペース)が無く、でも雨よけや日よけがもっと欲しいのなら、
紐を通せるブルーシート(日よけサンシェード)を屋根に取り付けるといいですね。
お隣のグループはそうしていました
1揖斐高原キャンプ3-7




受付では、鉄板や網も借りることが出来ます。
包丁や小皿やフライ返しなども借りられます。
テントやタープなども・・・
1揖斐高原キャンプ3-8

炭や薪も売っています。
1揖斐高原キャンプ3-9

塩、コショウ、焼肉たれ、着火剤なども
1揖斐高原キャンプ3-10

写真は無いのですが、1週間ぐらい前までに予約すれば、
肉と野菜のバーベキューセットや、焼きそばセットも販売しています。

自販機もあり、飲み物を忘れてもそんなに困りません。
ビールなどのアルコールの自販機は無く、ソフトドリンクしか売ってないけど…
1揖斐高原キャンプ3-11

自販機のドリンクの金額は街で売っているものと同じ感じ。


バンガローの広さは3畳から4畳ぐらいかな。
大人が4人寝れるか寝れないかぐらい。
寝返りしたら抱きついちゃう・・・ 夏の思い出 (汗)

床は板張りで、クッションのある銀マットなどが無いと寝るとき痛いです。
朝は山なので夏でも肌寒く毛布が必要。
銀マットも毛布も確か受付で借りれたと思います。
1揖斐高原キャンプ3-22

詳しい広さなどは揖斐高原に電話です。 (汗)


バンガローの中には、コンセントがあります。
1揖斐高原キャンプ3-15

ホウキとチリトリもあります。
1揖斐高原キャンプ3-16

バンガローの中には色んな虫がいます。 (先住者?)
まずは殺虫剤を部屋中にかけて扉を閉め数分待ちます。
頃合を見て中に入り、ホウキで掃除してから荷物入れ。
朝起きたらクモと添い寝してます・・・


洗面(流し)に、
1揖斐高原キャンプ3-17

使用後の炭入れ、
1揖斐高原キャンプ3-18

ゴミ入れもあり地域指定のゴミ袋もいただけます。
1揖斐高原キャンプ3-19


どこのキャンプ施設のバンガローも当たり前のことか分からないけど、
着替えと、軍手や炭の火を扇ぐうちわとかの小物だけでいけそうですね。







バーベキューサイトも (写真は揖斐高原のホームページから)
1揖斐高原キャンプ3-20

コテージも(写真は揖斐高原のホームページから)
1揖斐高原キャンプ3-21

屋根に、バーベキューコンロに、椅子があり、
網と食材に炭や小物があれば大きな荷物は要らないですね。


荷物を降ろしたのでキャン場で遊びます。


バンガロー横の川(溜め池?)
足首くらいの深さ
事前予約でマスのつかみ取りが出来ます。
1揖斐高原キャンプ1-4


受付(栃の実荘)横の川で遊びます。
1揖斐高原キャンプ1-5

ちょっと深め(子供の腰ぐらい?)
1揖斐高原キャンプ1-6

私も足を入れます。
1揖斐高原キャンプ1-7

環境汚染?水質汚濁?
たぶん、下流の魚や農作物は全滅ですね。 (笑)

山(高原?)を上ります。
1揖斐高原キャンプ1-8


ちょっと登っただけですが、景色がいいです
1揖斐高原キャンプ1-9


夕方5時ごろ、夕食を作る時間になったので、バンガローに戻りバーベキューです。
1揖斐高原キャンプ1-10

まずはビール
日帰りバーベキューと違って気兼ねなく飲めます (笑顔)
1揖斐高原キャンプ1-11



炭を入れ、火をつけ、うちわで扇ぎます。
がんばる幼稚園児!
1揖斐高原キャンプ1-12

ぐびぐび飲み続けるお父さん。(笑顔)
1揖斐高原キャンプ1-13


素人家族は、鉄の棒で作った鉄板や網を置く台の背が高いことに気づきません。
1揖斐高原キャンプ3-12
途中で気づきます・・・

背の高いほうを横にずらすか下ろすかして、
背の低いのでやることに気づかず、高いまま網を置いて焼肉をやるとこでした(汗)
1揖斐高原キャンプ3-14

たぶん背が高いのは、薪で飯ごうや鍋物をやったりするとき用ですね(汗)
1揖斐高原キャンプ3-13


1揖斐高原キャンプ1-14







食事をしたら、次は花火。
1揖斐高原キャンプ1-15

見えます?左上の光る点?
「ガ」 です。
チョウチョじゃなくて 「蛾」です。

電灯に蛾の大群
1揖斐高原キャンプ1-16

花火によってきます。
顔にぶつかってきます (涙)
1揖斐高原キャンプ1-17

腰に蚊取り線香をぶら下げていますが、「ガ」には効果なしです (涙)

ちょっと前に岐阜県で蛾が大量に発生しているとニュースでやってたけど、
それが原因なのかな?

バンガローもトイレも色んなところに色んな虫がいます。
殺虫剤が手放せません (涙)


花火も終わり、お風呂に入り、バンガローでトランプやって寝ます・・・
1揖斐高原キャンプ1-18


次の日(2日目)
朝食は「焼きそば」の、予定でしたが、
家の冷蔵庫に麺を忘れてきたので、
焼きそば用に持ってきたお肉とキャベツにご飯を炒めて頂きます。 (汗)
ご飯はあらかじめ家で炊いてきてタッパーで持ってきています。
素人は、飯ごうはしません。
1揖斐高原キャンプ1-19

素人家族は薪じゃなくてガスコンロです (汗)
お湯も沸かし、インスタントの味噌汁とコーンスープ
朝食は、簡単に済ませます。 (汗)
1揖斐高原キャンプ1-20




10時のチェックアウトが近づくと、
バンガロー前の道が片付けの車で込み合うので、
手で運べる必要最低限のものだけ残し、8時から片づけをして
駐車場に車を移動させ、少しバンガローでゴロゴロします。


この日は凧作り体験があったので参加。
好きな絵を描いて、竹ひごをくっつける簡単なものです。
1揖斐高原キャンプ1-22

揖斐高原は、冬はスキー場なので広いスペースがあり凧上げや紙飛行機で遊べます。
出来たので外で飛ばすのですが、残念なことに風が吹いてないです・・・
子供は気合で走ります (汗)
1揖斐高原キャンプ1-23

飛びます (笑顔)
1揖斐高原キャンプ1-24

走るのをやめると落ちます (笑)


凧糸の長さは50メートル
全部伸ばして飛ばすことになり、
私が山を上る事になります・・・(涙)
走る距離が必要なので、子供は緩やかな坂から、急な坂になる手前までついてきます・・・
1揖斐高原キャンプ1-25


手を離し、子供は全力で駆け下ります。
1揖斐高原キャンプ1-26

分かりづらいので、子供と凧に、赤い丸つけました。
1揖斐高原キャンプ1-27


広いので糸を50m伸ばしても引っかかるものが少ないので安心ですね。

凧が無い時は、スーパーの袋(レジ袋)の両方の取っ手のところをひもで結び
そのまん中をひもで結んで簡単な凧が作れます。(詳しくはネットで検索してください)



遊んでいるうちにお昼になったので、
山を下りたところにある道の駅で食事して足湯に入り帰宅。
1揖斐高原キャンプ1-28

帰宅して夜は、夏休み2日終了で夏休みの思い出の絵を下書きします。 (笑)
1揖斐高原キャンプ1-29


家族で初めてのキャンプは、結構楽しいキャンプでした。
同じ場所にするかは分からないけど、
また来年もキャンプに行きたいですね。


最後まで読んでくれて有難うございます。








スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
プロフィール

テッコウジョ

Author:テッコウジョ
後藤鉄工所です。
蟹江町の小さな町工場で仕事してます。
ブログの内容は仕事にプライベートにと適当です。
中途半端なブログです。(汗)

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
ブログ村ランキング