4つ生産が出来る治具を1つに変更の加工依頼

直径約1000mmの丸い板です。厚みは14mm。
量産するための冶具です。
同じ形のが90度ごとにグルッと4ヶ所取り付いています。
材質は、生材(SS材)と思います。
1 4つある治具を1つに変更

景気が悪く受注が減り4箇所も要らなくなり、違う品物を量産できる体制を確保するため、3箇所を無くし1箇所にする加工依頼がきました。

白いマジックで書かれたところを削り、位置決めに9mmの穴を3か所あけます。
1 4つある治具を1つに変更2


弊社で加工できる依頼なので引き受けるのですが、景気が悪く縮小することにつらいものがあります。



今回の加工ですが、その日の生産が終了してから弊社に持ってきています。
次の生産する材料が支給されるまでに切削加工して、組み付け工事を完了しなくてはいけません。

弊社は夕方に頂いた冶具を今日中に削り、組み付け業者に収め、組み付け業者が次の朝一番で組み付けをしていきます。

待った無しの急ぎの切削加工です。



完成品です。
1 4つある治具を1つに変更3

4つの治具から削り取り1つにしました。
1 4つある治具を1つに変更4


位置決め用の穴もあけております。
1 4つある治具を1つに変更5


最後まで読んでいただき有難うございます。


今日も1日良い日でありますように




㈱後藤鉄工所 愛知県海部郡蟹江町大字須成字西須成前1831
名古屋の西隣、愛知県海部郡蟹江町で各種金属部品の切削加工をしております。

後藤鉄工所のホームページは こちら




スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

575mm奥にある平面を切削加工します。

600×490mmの材料と、490×450mmの材料を溶接して組み付けた製缶ものです。
板の厚みは25mm

1サーボ取替工事2数字記入

600×490mmの板は厚みを2mm削り23mmにします。
材料の中央は固定することが出来ず、材料が切削時の抵抗で震えて加工面に震えたビビリ(波目)が残ることがあります。


今回の加工には、それ以上に問題の加工があります。

490×450mmの板に部品が取り付くのですが、外側の何も無い方向からではなく、600×490mmの板の溶接をして組んでいるほうから部品が取り付きます。

600×490mmの板の上に25mmの板が取り付けてあるので、600-25=575mm奥にある面を削ります。

1サーボ取替工事1文字記入

それだけ長い工具が必要になるのですが、工具が長くなれば工具自体が切削時に揺れビビリが出やすくなります。

工具の刃物取り付いている刃先から機械取り付けまでの工具の直径が大きくなれば安定はしてきますが、取り付く部品の四隅コーナーRと溶接で取り付いている材料の壁があり、工具径を大きくしすぎることが出来ません。
今回使用した工具径は63mmです。


また、取り付く部品より一回り大きな取付面を削るだけではなく、取り付く部品には丸棒が出ているので、丸棒がきれいに入る穴もあけます。

穴の大きさは直径230mm 
穴の公差(リミット)はH7(0~+0.046)
600×490mmの板から穴までの距離公差は、 -1~0mm

奥行きがあるポケット加工で材料がビビリやすく、600×490mmの板から穴までの距離と穴の大きさに公差があります。
細く長い工具でどのようにビビリを止め、公差がある穴をどう加工するのか。



完成品です。

1サーボ取替工事3

600×490mmの板にビビリの波目模様はありません。

1サーボ取替工事9


575mm奥にある面も加工しています。

1サーボ取替工事6

ビビリもありません。

1サーボ取替工事7

1サーボ取替工事8

壁から約80mmのところまで切削しております。

1サーボ取替工事4


1サーボ取替工事5文字記入

もちろん穴の位置も大きさも公差内です。

1サーボ取替工事10



最後まで読んでいただき有難うございます。



今日も1日良い日でありますように




㈱後藤鉄工所 愛知県海部郡蟹江町大字須成字西須成前1831
名古屋の西隣、愛知県海部郡蟹江町で各種金属部品の切削加工をしております。

後藤鉄工所のホームページは こちら




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

角度をつけて斜めに削ります。 ステンレス

SUS316L ステンレスです。

1ステンレス斜めに加工1

大きさは、直径400ミリ 厚み37ミリの丸い板です。

1ステンレス斜めに加工2


片側の面のみ切削加工をしてあります。
反対側(裏側)は削らず黒皮のままです。

1ステンレス斜めに加工3


加工依頼は、黒皮側の上面のみを角度をつけて斜めに削り、タップ穴をあけます。


厚みを35~37mmの間で、片側を18.9mm削り、傾斜角度が2.705(2.7°)にします。
18.9mm削るので片側が16.1mm~18.1mmの厚みになり、斜めの切削加工面になります。

W5/8インチのウィット並目ネジ(ストレート(平行)ネジ)のボルトが取りつくので、タップ穴を通しで穴あけします。


穴はまだドリルとタップがあれば穴あけ加工は出来るのですが、斜めに角度をつけて削るのは難しいです。
そのままテーブルに置くと、全てが同じ高さで平行に削れてしまいます。

また、ステンレスに限らず、どの材質の材料でも切削していくと切削工具の刃物と材料の間で熱が発生をして材料は変形します。
加工時間が長くなればなるほど熱は上がり、熱による変形も大きくなります。

ステンレスは熱による変形が大きいです。
ほとんどの材質は熱のこもった方が伸びて反りますが、面白い?ことに熱がこもった方が反るとは限らず、反対側に反ることもあります。
特にステンレスはどちらに反るかは分かりづらいところがあります。


今回の場合、厚みはほぼそのままで片側の面のみ斜めに削っていくので、絶対に反ってきます。どれだけ反りを少なくするかです。
お客様の要望は、反りを1mm以内にしてほしいです。

斜めに削る難しさと、熱による反り。
正直、経験と勘です。


完成品です。

1ステンレス斜めに加工4

厚みは、厚いほうで36.8 薄いほうが17.9となっております。
厚みの差が18.9となり、傾斜角度が2.705°(2.7°)になっております。

1ステンレス斜めに加工5

問題の反りは、0.1mmのシムが5枚入るので0.5mmの反りになっており、1mm以内におさまりました。

1ステンレス斜めに加工7

穴もあけております。

1ステンレス斜めに加工6


最後まで読んでいただき有難うございます。



今日も1日良い日でありますように




㈱後藤鉄工所 愛知県海部郡蟹江町大字須成字西須成前1831
名古屋の西隣、愛知県海部郡蟹江町で各種金属部品の切削加工をしております。

後藤鉄工所のホームページは こちら



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

ギアに穴あけ軽量化 バイク

車やバイクが好きな方から加工依頼を頂きました。

ギアです。
1ギア軽量化穴あけ3

外径107 内径18 厚み4.8
1ギア軽量化穴あけ

手のひらに乗るサイズです。
1ギア軽量化穴あけ2


チューンナップ(改造)を自分でやっている方で、
バイクをばらして(分解、オーバーホール)
ギアを外して持ってきました。
1ギア軽量化穴あけ9

1ギア軽量化穴あけ10


このギアに何をするのかというと、
マジックで印をつけた部分に穴をあける仕事です。

「マジックのところに、だいたいでいいので穴をあけてほしい。」
と言われるのですが、この穴に取り付く部品との関係もあり
適当にはあけれないので、穴に何が取り付くのか尋ねると、

「ただ軽くするため」とのことでした。

小型100ccのスクーターの部品だそうで、
軽量化により一番初めの出だしの加速がよくなるみたい。
でも重量が無く、スピードが安定したときには慣性力が・・・
トルクが無く速くはなく・・・ 痩せると・・・
セルスターターが・・・・

色々話され一生懸命にメモ書きをしたのですが、
車やバイクなどを改造して乗らないので、
よく分かりませんでした。 (汗)

私が理解をしてないのに気づき、

「自転車と同じで、軽いとこぎやすいけどスピードは遅く、
重たいとこぎづらいけどスピードが速いのと同じだよ。」

だそうです。 (汗)

ネットでこのギアが何なのか調べると、
セルモーターからの動力をフライホイールに伝達するもので、
「スターティングクラッチ」の部品の1つみたいです。

違っていたらごめんなさい。


バイク好きの方は、以前に自分で穴をあけたことがあるそうで、
大きい穴も、斜めのところにもあけれず、
それなりの穴だけで思うような軽量化が出来ずに困っていたそうです。

確かに傾斜しているところや、
もともとあいている小さな穴に、位置を少し移動させ大きな穴をあけたりは、
キリ(ドリル)が横にすべるだけで穴は上手くあけれないです。

毎回のことですが、マジックでだいたいのところに手書きは、
お客のイメージと私のイメージが一緒ならいいのですが、
違うととんでもないことになります。
1ギア軽量化穴あけ8

ちょっとの穴をあけてと言われ、気持ち小さめの穴をあけて納めると、
「なんでこんなに穴が小さいの?」と言われるかもしれないので難しいです。

小さい穴はまだ大きくあけ直しが利くけど、
大きくあけすぎると小さく埋めることが出来ず、
不良品になります。

また今回のように内側と外側とで交互に大小の穴があると、
重ならないように確認しながらあけないと、
ギアが破れてしまいます。

剛性面と強度面は良いのか?
意外と難しいです。

図面を作成して穴の位置と大きさを決めて加工をします。
1ギア軽量化図面確認


完成品です。
1ギア軽量化穴あけ4

斜めの所の穴も滑ることなくずれずにあけています。
1ギア軽量化穴あけ5

内側は10mmの穴をあけ、
外側は21mmの穴をあけました。

10mmと21mmの間は約3mm
10mmと10mmの間は約6mm
21mmと21mmの間は約7mmになっております。
1ギア軽量化穴あけ6

おもて?
1ギア軽量化穴あけ11

うら?
1ギア軽量化穴あけ12


重さは量っていないけど、
収めた後にバイク好きな方から
約100g軽くなったと連絡がありました。
1ギア軽量化穴あけ7



最後まで読んでいただき有難うございます。



今日も1日良い日でありますように


 

㈱後藤鉄工所 愛知県海部郡蟹江町大字須成字西須成前1831
名古屋の西隣、愛知県海部郡蟹江町で各種金属部品の切削加工をしております。

後藤鉄工所のホームページは こちら




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

「今すぐ加工してほしい。」急ぎの仕事に対応。(午前様です。)

突然の依頼がたまにあります。
「今日の今日ほしい。」
「何時間後までに加工が出来ないか?」

なんとか対応して納めています。

日付が変わり、ほぼ徹夜もありました。

図面も無く、
口頭だけの打ち合わせや、
簡単な手書きがほとんどです。

単品もの1品物、
少量1個などにどれだけ対応できるかが、
弊社の生命線でもあります。


SUS(ステンレス)とAL(アルミ)の
急ぎの仕事が来ました。

昼ごろに電話で、「いますぐ穴をあけてほしい。」と話されます。
夕方3時過ぎに材料を持ってきました。

アルミ

1急ぎアルミ加工2

ステンレス

1急ぎステン加工

大きさはどちらも1000×1000ぐらい
ステンレスのほうは600×600の高さ150の枠が付いています。
厚みは22mm
1急ぎアルミ加工3


長年使い交換する部品だそうです。
改修工事に行き、穴位置が違うことが分かり、
慌てて穴位置を変更することになったとの事。
1急ぎアルミ加工4


改修工事は、工場のラインを止め、生産が止まります。
その為に改修時間は短いのがほとんどです。

あまり時間はありません。

いつまでに加工が終わるかを見積もります。
ざっくり見て、
今から取りかかり明日中に終わり、
明後日の朝には渡せることを伝えると、


「明日の朝9時までにほしい。」

!?

明日の朝?


やるしかありません!


私の会社は、
会長(父親)と私だけの、
2人でやっている小さな会社です。

材料は、SUSとALの2つ。
手分けして取りかかります。

穴位置を、1つ1つ確認をします。
1急ぎアルミ加工6

元の穴と重なっている穴もあります。
1急ぎステン加工3


現在あいている穴より広げてほしい。と注文されます。
現在の穴径は18.5mmぐらい。
20.mmにします。
1急ぎアルミ加工5

材料の裏に厚み4mmの板が張り付いています。
4mmの板が張り付いているので、
穴あけをする場所で材料を固定します。
1急ぎステン加工4

穴のあける場所で、固定の為の治具を置くと、
穴加工をする時に、治具に工具が干渉しやすく、
加工がやりづらいです。

穴位置に間違いがないか、
治具との干渉はないか、
色々と気にしながら加工をします。


完成品です。
アルミ

1急ぎアルミ加工

ステンレス

1急ぎステン加工2


日付が変わるまで取りかかり加工をしました。

マジックで書かれた位置に正確に穴あけしております。
1急ぎアルミ加工7

重なっている穴も、ずれずに穴あけをしております。
1急ぎステン加工5

穴径も20.mmに変更しております。
1急ぎステン加工6


次の日の、朝9時に引き渡しました。
1急ぎアルミ加工8

疲れたけど、かなり達成感があり、やりがいのある仕事でした。


最後まで読んでいただき有難うございます。



今日も1日良い日でありますように


 

㈱後藤鉄工所 愛知県海部郡蟹江町大字須成字西須成前1831
名古屋の西隣、愛知県海部郡蟹江町で各種金属部品の切削加工をしております。

後藤鉄工所のホームページは こちら


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

板厚が薄く、加工段取り用の固定部が無く、ビビリやすい材料の切削加工

溶接製缶で作られた立体的な材料です。
1溶接製缶8



板の大きさは1100 mm×480 mmぐらい。
厚みは12mmです。
2溶接製缶5



180mmぐらいの板を溶接して、
1100 mm×480 mm×200mmぐらいの大きさになっております。

板厚12ミリの先端には厚み6ミリの板が両方から溶接してあり、
24mmの厚みになっております。
3溶接製缶3



6mmの板を1.5mmずつ削り、21mmの厚みにします。

溶接製缶は溶接時の熱で材料がそり、図面どおりの寸法に仕上がってないものもあり、切削加工するときの基準を決めるのが困難で、基準位置を間違えると切削加工が出来ず、不良を作る可能性があります。

材料は薄く、外側と内側の両面を加工するため、加工時に固定する場所もありません。
非常に加工がやりづらい製品です。

完成品です。
4溶接製缶6


5溶接製缶2



材料が薄く、加工しにくい面をきれいに加工いたしました。
6溶接製缶7



切削加工後の寸法には公差(リミット)があります。
板厚は、21h8(0~-0.033)
板と板の間には、171H8(+0.063~0)
7溶接製缶4



30H7(+0.021~0)の穴加工もしております。
8溶接製缶




最後まで読んでいただき有難うございます



今日も1日良い日でありますように




㈱後藤鉄工所 愛知県海部郡蟹江町大字須成字西須成前1831
名古屋の西隣、愛知県海部郡蟹江町で各種金属部品の切削加工をしております。

後藤鉄工所のホームページは こちら


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

サーボモータ破損 取り付け金具作成依頼

サーボモータです
1サーボモータ取替え

破損により取替えをします

大きいのが今まで使用していたものです
1サーボモータ取替え2

小さいのが新しいものです


大きさが違うため

取り付け穴の位置も違います
1サーボモータ取替え3

取り付ける板を作り直します
1サーボモータ取替え4


今までの取付け用の板を使用して機械に組み付けるため、
1サーボモータ取替え5

以前のをそのまま使用したいので、

ひとまわり小さい板を作成し、重ね使います.。
1サーボモータ取替え8

1サーボモータ取替え9



新しい小さなサーボモータに、作成した小さな板を取り付け、
1サーボモータ取替え10


古いサーボモータ取付け、
1サーボモータ取替え11

新しい板と組み付けます。
1サーボモータ取替え13


主軸の径が大きくなっているので
1サーボモータ取替え6


ギアの穴径をサーボモータの主軸に合うように加工します
1サーボモータ取替え7



最後まで読んでいただき有難うございます
1サーボモータ取替え12



今日も1日良い日でありますように


㈱後藤鉄工所 愛知県海部郡蟹江町大字須成字西須成前1831
名古屋の西隣、愛知県海部郡蟹江町で各種金属部品の切削加工をしております。


後藤鉄工所のホームページは こちら



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

建機用シリンダー穴あけ修理

建築関係に使用する機械のシリンダーです。
現在は使われてないものです。
建機用シリンダー

現在使用しているシリンダーが壊れた時に、取り替えて使用する為に保管しているそうです。


現在使用しているものが破損したので取り替えることになったのですが、機種や年式などが違い穴の大きさが違い使用する事が出来ないので、穴を大きくする仕事を頂きました。
1建機用シリンダー2

加工するシリンダーの大きさは、全体の長さ約500mm 本体の外径140mm
穴部分の外径100mm 内径50mm 高さ(深さ)145mmです。

図面はありません。
使用していたシリンダーの穴の部分をいただきます。
寸法を測り、同じ大きさの穴にします。
1建機用シリンダー3

50ミリの穴を、60.3ミリの穴に加工します。

使用していたシリンダー穴の中に、小さな穴と溝があります。
可動するのでグリスが中に入るように、油穴と油溝が加工されています。
油穴はあるので、油溝を作ります。
1建機用シリンダー4


修理部品の加工は急ぎが多いです。
お客様は仕事が出来ずに止まっています。
現在の仕事を取りやめ、こちらの加工にすぐに取りかかります。
作業テーブルの上にある、現在加工中の加工材料をテーブルから下ろして、修理部品を乗せ加工して、そのあとにまた加工途中の材料を乗せます。
急ぎの仕事は、加工途中の材料を乗せ直す時間なども頂いております。



完成品です。
1建機用シリンダー5

1建機用シリンダー6

穴の中の油溝も加工しております。
1建機用シリンダー7



最後まで読んでいただき有難うございます。

今日も1日良い日でありますように


後藤鉄工所のホームページは こちら



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

冷却機タンク仕切り壁修正加工

冷却機タンクの部品です。

1冷却機仕切り壁切削加工

仕切に水が入り品物を冷やす装置です。

1冷却機仕切り壁切削加工2

何年も使い錆びて劣化をしており仕切りの上面に隙間が出来ており水漏れをしています。


鉄の板を貼り付け全体を切削加工して隙間を修正するのと、

1冷却機仕切り壁切削加工3

部分部分を溶接して、元の仕切りで一番低いところに合わせて切削加工をするのを頂きました。

1冷却機仕切り壁切削加工4

板を貼り付けたほうも、溶接をしたほうも、高さは4ミリ~5ミリ削りしろがあります。


冷却機の多きさは、800×500
深さは80ミリ

1冷却機仕切り壁切削加工7

仕切り板の厚みは6ミリ

1冷却機仕切り壁切削加工6


6ミリと薄く中央部に支えなどが無いので、普通に切削加工をすると仕切り板がビビリ(震え)工具の刃物が欠けたりの破損や、工具の震えの加工目が材料(仕切り板)にそのまま出てしまい加工面に傷が出来たり、材料(仕切り板)が弱いと倒れなどのひずみが生じて、仕切り上面に隙間が出来てしまい、水漏れをまたしてしまいます。


ボルト固定部の板圧は24ミリ。

1冷却機仕切り壁切削加工8

下に丸いものが付いていて材料がある程度移動しないように、丸いものの平面部分を利用して固定は出来ますが、上面を削るのに材料の上面付近を加工時に揺れないように固定するところがありません。

1冷却機仕切り壁切削加工5


削りしろをある程度そろえるために上面の平行を出すのですが、溶接の熱や、劣化などにより上面はひずんでいて、材料下の丸いところを基準にするとまったく平行は出せません。


薄く、固定するところも無く、平行も出しづらい。大変やりづらい加工材料です。




加工完成品です。

1冷却機仕切り壁切削加工9

ボルト固定面

1冷却機仕切り壁切削加工13

溶接により隙間を埋めたほうの仕切り板です

1冷却機仕切り壁切削加工12

板を貼り付けて隙間を無くした仕切り板です

1冷却機仕切り壁切削加工10

ビビリなど無くきれいに仕上がりました。

1冷却機仕切り壁切削加工11


最後まで読んでいただき有難うございます。

今日も1日良い日でありますように


後藤鉄工所のホームページは こちら





にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

『透明塩ビ溶接加工品』に穴あけ加工

今回はステンレスや鉄などの金属ではなく
ちょっと変わったものを加工しました

ポリ塩化ビニル(塩ビ)です

塩ビ穴加工2


透明な塩ビを溶接で接着してあります

大きさは約500×500×400

弊社では70ミリの穴とM5のヘリサートタップ用の穴あけをしました
70ミリの穴は0からプラス0.5のリミットがあります

塩ビは鉄と違いやわらかく削りやすいです
切子(削りカス)もやわらかく鰹節みたいです

塩ビ穴加工3


完成品です

塩ビ穴加工4


70穴はプラス0.2に仕上ました
70穴の周りにM5のタップ穴あけをしました

塩ビ穴加工


最後まで読んでいただき有難うございます

今日も1日良い日でありますように


後藤鉄工所のホームページは こちら





にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
プロフィール

テッコウジョ

Author:テッコウジョ
後藤鉄工所です。
蟹江町の小さな町工場で仕事してます。
ブログの内容は仕事にプライベートにと適当です。
中途半端なブログです。(汗)

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
ブログ村ランキング