石垣島旅行体験リポート 吹通川でのマングローブカヌー(カヤック?)体験 (吹通川観光)

吹通川でのマングローブカヌー(カヤック?)体験 (吹通川観光) についてについて書きます。

15時10分 吹通川観光に到着 (吹通川観光)
マングローブカヌー(カヤック?)体験を吹通川でします。
カヤック3

マングローブカヌー体験は 『吹通川観光』 で行いました。

マングローブ体験を15時30分に予約をしていたので、余裕をもって15時00分ぐらいに到着したかっただけなので、10分遅れでも問題は無いのです。(笑)
でも一緒に参加をされる方が待っていたので、すばやく5分で着替えます。(汗)

写真を撮り忘れましたが、ちゃんと着替える部屋があります。
結構広く家族4人がらくらくに着替えることが出来ました。
もちろんトイレもあります。

マングローブ体験から帰ってくると足は泥だらけです。
DSCF3699.jpg
水道にホースを取り付け、その先にシャワーの頭を取り付けた「真水のシャワー」があります。
南の島なので寒くないので十分です。

服装は、カヌーに乗るときは浅瀬で足を膝ぐらいまで水につかっている状態から乗り込むので短パンがいいです。
女性の方は、スパッツ(レギンス?タイツ?)を着用してました。
服も水や陸地を探検するときに泥で汚れるので、汚れてもいい格好です。
半袖Tシャツと短パンで寒ければカッパをはおります。
足は水の中や泥の中で怪我をするので、靴(マリンブーツ)を貸してくれます。
DSCF3622.jpg

15時15分 吹通川に移動 
年季の入った車ですね。
カヤック2

15時20分 マングローブカヌー体験 90分 大人3,000円 子供2,000円
ガイドは陽気な方でした。
カヤック

簡単な説明を聞き、カヌーに乗り込み出発です。
DSCF3621.jpg

水面からの違う景色と、カヌーを楽しみます。
カヤック3

カニが木の陰にいて子供は興奮気味。(笑)
カヤック7

体験した時間は干潮で水が引いていて浅いです。
途中から歩いて森を探検。
カヤック4

カニやハゼがいます。子供は捜すのに夢中。
カヤック5

ガイドの方が「シジミがいますので、足で泥をかき分けてみてください。」って言うからみんな泥の中で足を動かします。
ハゼやカニ

何かいると思い手で触ると小さな石です。
本当にいるのか?って、思っていたらガイドさんが「いましたよ!」。見ると、

でかっ!
シジミ?

小さいのをイメージしていたので泥の中での探し方を間違えていました。 (汗)

マングローブの木 「ヒルギ」の種です。
DSCF3676.jpg

木から落ちて、まっすぐに地面に突き刺さったのが育ちます。刺さらずに地面に寝転がっているのは残念。
地面に刺してあげます。
DSCF3679.jpg


地面に根が出ているのは呼吸をするためです。土の中は酸素が少なく酸欠になるそうです。
DSCF3650.jpg

酸素が上手く吸えずに弱っている森です。
マングローブ酸欠

森を元気にするために種を植えて育てています。ペットボトルの傘はカニなどが枝を切らないようにするために、上ってくるのを防ぐために付けてあります。
マングローブ酸欠2

『がじゅまるの木』です。パワースポットです。
カヤック9

川の水が引き、泥沼です。
足を取られ歩きづらいです。
カヤック11

そこまで行ったのは参加をしたグループの子供たちと、大人は私だけ。
他の大人は見ているだけ。
根っこにそっと触り、1つだけ願い事をしてきました。
カヤック10

テーマパークでのカヌーはあるのですが、自然の中でのカヌーは始めてで、根っこが出ている不思議な森の中の探検は大人も子供も楽しく、とても貴重な体験をすることが出来ました。

「釣りバカ日誌」も来てますね。
カヤック8


17時00分 マングローブカヌー体験終了
17時30分 吹通川観光発 予定通りです。


次の、石垣島旅行体験リポート 『コンビニで朝食を購入 ココストア』 はこちら
コンビニで朝食を購入 『ココストア』

石垣島旅行体験リポート 『2泊3日の行程表(全体の流れ)』 に戻るはこちら
石垣島旅行 体験リポート 2泊3日の行程表


石垣島体験リポート口コミブログ
2015年3月28日(土)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テッコウジョ

Author:テッコウジョ
後藤鉄工所です。
蟹江町の小さな町工場で仕事してます。
ブログの内容は仕事にプライベートにと適当です。
中途半端なブログです。(汗)

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
ブログ村ランキング