板厚が薄く、加工段取り用の固定部が無く、ビビリやすい材料の切削加工

溶接製缶で作られた立体的な材料です。
1溶接製缶8



板の大きさは1100 mm×480 mmぐらい。
厚みは12mmです。
2溶接製缶5



180mmぐらいの板を溶接して、
1100 mm×480 mm×200mmぐらいの大きさになっております。

板厚12ミリの先端には厚み6ミリの板が両方から溶接してあり、
24mmの厚みになっております。
3溶接製缶3



6mmの板を1.5mmずつ削り、21mmの厚みにします。

溶接製缶は溶接時の熱で材料がそり、図面どおりの寸法に仕上がってないものもあり、切削加工するときの基準を決めるのが困難で、基準位置を間違えると切削加工が出来ず、不良を作る可能性があります。

材料は薄く、外側と内側の両面を加工するため、加工時に固定する場所もありません。
非常に加工がやりづらい製品です。

完成品です。
4溶接製缶6


5溶接製缶2



材料が薄く、加工しにくい面をきれいに加工いたしました。
6溶接製缶7



切削加工後の寸法には公差(リミット)があります。
板厚は、21h8(0~-0.033)
板と板の間には、171H8(+0.063~0)
7溶接製缶4



30H7(+0.021~0)の穴加工もしております。
8溶接製缶




最後まで読んでいただき有難うございます



今日も1日良い日でありますように




㈱後藤鉄工所 愛知県海部郡蟹江町大字須成字西須成前1831
名古屋の西隣、愛知県海部郡蟹江町で各種金属部品の切削加工をしております。

後藤鉄工所のホームページは こちら


関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テッコウジョ

Author:テッコウジョ
後藤鉄工所です。
蟹江町の小さな町工場で仕事してます。
ブログの内容は仕事にプライベートにと適当です。
中途半端なブログです。(汗)

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
ブログ村ランキング